クロミッドの副作用?

クロミッドを服用した後に卵巣を診てもらったら、卵巣が腫れていて少し出血があった方。「こんな時は鍼灸を受けると、血行が良くなり、卵巣がさらに腫れてしまうのでは?」とご質問いただきました。

 

卵巣が腫れているときに鍼灸を受けるのは問題なし、むしろ、卵巣の腫れが引いていくのでご安心ください。

 

臓器が腫れているのは身体にとって都合が悪いことです。身体はいつも調子が良いところを維持していたい。この、ちょうど良いところを維持しようとする機能(恒常性の維持)を助けるのが鍼灸です。

 

鍼灸は身体の恒常性の維持を手助けするので、結果、痛みを引かせる、腫れを引かせる、硬さは柔らかく、動かないものを動かす…とさまざまな身体に起きている症状を整えていきます。

鍼灸の後は身体が心地良くなるのはその為です。

 

この方は鍼灸を受けた数日後に、婦人科で診察を受けました。卵巣の腫れが続いていた場合はピルを服用する予定でしたが、腫れは引いていて薬の服用は必要なくなりました。

卵巣は自分の力で、調子を取り戻したようです。

 

Facebook