洗剤を使わない洗濯

最初は、洗濯に粉石けんを使う

粉石けんを使うメリットとして、一番重視したのは「肌に優しいこと」。子どもの肌に触れるものは少しでも刺激を少なくしたいです。粉石けんは、地球環境に配慮しているといわれているのも良いですね。

粉石けんのメリット

粉石けんは、きちんとお湯で溶かし泡立てて使うと、合成洗剤よりも汚れ落ちが良いそうです。

粉石けんのデメリット

粉石けんは、お湯で溶かし泡立てて使いますが、完全に溶けていない状態や泡立たない状態だと、石けんカスが衣類に残り、黄ばみ・黒かび・においの原因になるそうです。確かに、粉石けんの洗濯は子どもの服と洗濯機に黒かびが生えやすかったです。

きなりっこ(粉石けん)はこちら

そこで、「ヨウ素デクリーンneo」と粉石けんと一緒に使うことにしました。これにより、洗濯機に黒かびが発生しなくなり、部屋干ししても臭わなくなりました。

ヨウ素デクリーンはこちら

「粉石けん+ヨウ素デクリーン」の洗濯は良かったです。

しかし、粉石けんは毎日、日によっては3回ぐらい溶かすことが面倒くさいので、今年から「洗剤を使わない洗濯」を試すことにしました。

「ランドリーマグちゃん」というマグネシウムで洗濯する方法

マグちゃんは、洗濯する時、衣類と一緒に洗濯槽に入れるだけ、そして、衣類と一緒に干すだけです。

3ヶ月使ってみて、衣類の汚れ落ちに問題は感じません。洗濯層の清潔も維持できています。マグちゃんは、5キロの洗濯300回で3888円です。

ランドリーマグちゃんはこちら

「粉せっけん+ヨウ素デクリーン」も「洗濯マグちゃん」も汚れ落ちに問題はなく、肌にも地球にも優しいお洗濯だと思います。

わが家は、せっけんを溶かす手間がない「洗濯マグちゃん」に軍配があがり、今はマグちゃんを使っています。

そして、どちらの洗濯方法でも汚れがひどいものは時々、漂白が必要なようです。子どものお口拭きタオルとか、夫の肌着とか…。

酸素系の漂白剤はお湯で使う

酸素系の漂白剤をお湯で使うと汚れ落ちが非常に良いです。黒カビがおちます。表記には、温度は30~50度の温水が好ましい、と書いてありますが、それよりも高い温度のお湯で使っています。布が傷むかもしれませんが汚れ落ちを優先しています。

炭酸みたいな泡が出ている時が1番汚れが落ちるそうです。

酸素系漂白剤はこちら

子育てが始まり、「肌に優しい、地球に優しい洗濯」を目指していますが、洗濯方法も試行錯誤ですね。

毎日の家事は、地球に優しいだけでなく、「手間がかからない(ママに優しい)、コストが高くない(お財布に優しい)」といった点もクリアしなければ、生活には馴染みません。

今は「マグちゃん」と「酸素系漂白剤」のお洗濯で落ち着いています。

粉石けんは洗濯以外のところ、食器洗いや掃除で使用しています。油汚れの落ちは抜群ですね。