脊柱管狭窄症で手術しようと悩んでいた方

左足を引きずるように歩いて患者さま(80代・男性)がいらっしゃいました。

病名は「脊柱管狭窄症」です。足が痛く、だんだん歩けなくなってきていて、もう手術するしかないと悩んでいます。

両足とも血液の流れが悪く、冷たく真っ白になっていました。左足の痛みが強く、思うように歩けません。まずは足の血流を良くするように鍼灸の施術をしました。

お連れの方がいたので、患者さまの冷たく真っ白の足が肌色に変化したのを見て頂きました。色の変化に驚き、喜んでいらっしゃいました。

1回目の施術後、歩く時の痛みが緩和し、足の裏をしっかりと床に着けるようになりました。行きはタクシーで来ましたが、帰りは駅まで歩いて帰ったそうです。

2回目の施術の時、足は肌色のままでした。状態を維持できていて良かったです。

施術後に動かなかった左の親指が動くようになりました。そして、寡黙な患者さまが、おしゃべりな方に変わっていました。本当はお話好きだったのが、すっかり塞ぎ込んでいたそうです。

お連れの方も「もう、打つ手がなく、手術を覚悟していたので本当に安心した」と仰っていました。

この方は、骨盤が歪み、右足と左足の長さが違っていました。これらは人の手で変化させることが出来ます。また、腎の力も弱くなっていたので、腎を補うように施術しました。

メキメキ回復していくので私も嬉しいです。

手術は、脊柱管を広げることを目的とし、この方の身体の歪みや身体の反応には着目していません。

手術の前に、人の手で変化させることが出来る症状は変化させてみると良いでしょう。手術は、その後に考えても遅くはないと思います。