脊柱管狭窄症で手術しようと悩んでいた方

殆ど歩けない

脊柱管狭窄症、80代男性の方です。足が痛く、だんだん歩けなくなってきて、医師には手術しかないと言われています。

両足とも血液の流れが悪く、冷たく真っ白になっていました。左足の痛みが強く、思うように足が動きません。

冷たく真っ白の足が肌色に戻る

鍼灸の施術1回目から、足の色に大きな変化がありました。お連れの方がいたので足の色の変化を見ていただきました。色の変化に驚き、喜んで下さいました。

施術後、歩く時の痛みが緩和し、足の裏をしっかりと床に着けるようになりました。

来院はタクシーでしたが、帰りは駅まで歩いて帰ったそうです。この方は1回の施術で大きな変化が起きました。

施術2回目の時に足は肌色を維持できていました。良い状態を維持できてホッとしました。

2回目の施術後に動かなかった左の親指が動くようになる

動かなかった足の指が動くようになると、寡黙だった患者さまが、突然、おしゃべりになりました。手術の不安で、お話好きだったの方が塞ぎ込んでいたのですね。

「打つ手がなく、手術を覚悟していたので本当に安心した」と仰っていました。

この方は、骨盤が歪み、右足と左足の長さが違っていました。これらは人の手で変化させることが出来ます。また、腎の力も弱くなっていたので、腎を補うように施術しました。

鍼灸の施術5回で終了

この方は鍼灸の施術5回で改善しました。歩けるようになりとても喜んでいました。

この方の回復はとても早かったのですが、他の脊柱管狭窄症もこのようにスピード改善していくかは分かりません。

それでも、身体の歪みや反応に変化を起こす事で回復する症状があるのも事実です。手術は最終手段とし、その前に出来ることはしておいた方が良いと私は思っています。