脊柱管狭窄症の手術をするか

脊柱管狭窄症の80代男性の方が、痛みでほとんど歩けないとタクシーで来院されました。

医師には「手術しかない」と言われていますが、藁にもすがる思いで来院したそうです。

 

両足とも血液の流れが悪く、冷たく真っ白です。左足の痛みが強く、左足と左足指を動かすことが困難です。

最初の施術が終わった時に、お連れの方に足の血色の変化を見て貰いました。

真っ白な足が肌色に変化したのをとても喜んでくれました。

 

施術後に立ち上がると、足の裏をしっかりと床に着けるようになっていました。

帰りは駅まで歩いて帰ったそうです。

 

施術2回目は、足の肌色が維持できいたので、経過が良いと感じました。施術後には動かなかった左の親指が動くようになりました。

動かなかった足の指が動くようになると、寡黙だった患者さまが、急におしゃべりになりました。

「打つ手がなく、手術を覚悟していたので本当に安心した」と喜んでいました。

 

この方は骨盤が大きく歪み、右足と左足の長さが違っていました。腎の力不足もあります。

足の長さが揃うよう、腎に力が戻るように計5回の施術を行いました。

 

歩けないと連れの方の力を借り、タクシーで来院した方が、5回の施術でスタスタ歩くようになるのはすごい変化です。

鍼灸院ではこういう劇的な変化を目の当たりにする事があります。

 

 

Facebook