圧迫骨折

圧迫骨折で自宅安静をしている方

階段を踏み外し、圧迫骨折になった方が来院されました。病院からは、軽度の圧迫骨折なので筋力が落ちないように家で生活するように指示されたそうです。

しかし、痛みが強く、歩くのがやっとの状態です。ベッドに上がることも出来ません。こんなに痛くても入院と言う措置にはならないんだ…と思いました。

ちょっとの動きで激痛が走るのでベッドサイドに立ち、上半身だけベッドの上にうつ伏せになってもらいました。この姿勢はとても楽だそうです。

痛みに耐えている生活に疲れているのか、鍼灸の施術中はぐっすりと寝ていました。

背中から骨盤まで歪み、ガチガチに

骨盤が歪み、足の長さが違っていました。背中も腰もガチガチに固まっています。血色が悪く、肌が真っ白になっています。

このような状態のとき、楽な姿勢のまま動かないで施術が受けれる鍼灸の施術は良いですね。

鍼灸の施術中はグッスリと眠り、施術が終わる頃には、血色の悪かった肌の色が肌色に戻っていました。

しかし、鍼灸1回の施術で骨折の痛みが簡単に改善するわけではありません。また、当院まで通院するにはかなり距離(川口市から北区)があります。

家で大人しく安静にしているのと、通院するのとどちらが良いのか、私には判断が出来ませんでした。

鍼灸の施術1回ごとにかなり痛みが引く

通院することはご本人に強い意思でした。1回施術を受けるごとにかなり痛みが引くそうです。家族に送ってもらったり、自力で電車とバスに乗り、継続的に来院されました。

鍼灸の施術を数回受け、痛みが引き、以前の動きをとり戻しました。足の長さがきちんと揃うまで鍼灸の施術を続けてもらいました。

普通に動けることや日常生活の大切さ

この方は、改めて日常生活がきちんと送れることの大切さを感じ、毎日、丁寧に生活し、転ばないように気を付けているそうです。

経験しなくて良いような酷い痛みってありますね。酷い痛みを2度と起こさないように、お互い日常を大切に丁寧に過ごしましょう。

また、体調が優れない時はご連絡ください。