ぎっくり腰で入院した方

ぎっくり腰は酷いと全く動けず、トイレも這っていくような状態になりますが、入院と言う措置がとられることもあるのですね。ぎっくり腰で入院したものの痛みが取れない方が来院されました。

安定剤の服用

腰の痛みがずっと続き、不安が強いので安定剤を服用していました。いくら安静にしても、薬を飲んでも、背中から腰・お尻につるような痛みがなくならないそうです。

確かに背中から腰、お尻にまで繋がった硬いラインがありました。このラインになっている硬さをとり、痛みが和らぐととても安心した表情に変わりました。

安静にしていた時間もあったせいか、非常に改善しやすい腰痛症状でした。

改善していかないぎっくり腰に

ぎっくり腰は安静によりある程度、回復する症状です。それでも、痛みが取れないときは我慢せず、鍼灸の施術を受けると良いでしょう。

腰の痛みに耐えれるならば、鍼など全く怖くありません。早い改善に驚かれると思います。