ギックリ腰で入院していた方

ギックリ腰で入院していた方が来院されました。

この方は健康な30代の男性でした。ギックリ腰で入院することもあるのだと驚きました。

基礎疾患はありません。また、椎間板ヘルニアや骨の変形を伴ったギックリ腰ではないようです。

退院しても背中から腰、お尻につるような痛みが続いています。

だいぶ自分の力で動けるようになってきたそうです。靴下は自分で脱ぐことが出来ました。

 

身体に触れると背中からお尻まで硬い筋がありました。この一筋が取れずに痛みになっているように見えました。

鍼灸の施術で背中からお尻の一筋の硬さが取れると痛みが和らぎました。

すると強ばっていた表情が和らぎました。痛みがあまりに長く続くの心配していたそうです。

ギックリ腰が治りきらずに辛い、このような時は我慢せず、人の手で素早く改善するのが一番ですね。