歯科医師・歯科衛生士の首肩こり

当院は、歯科医師や歯科衛生士、歯科助手の方とご縁があります。

この職業の方は、首肩こりが強く、特に右の首に強いコリを訴えることが多いです。

これは上の歯を診る時に、首を捻って覗き込む姿勢からくるもので、頚椎の捻り、それに伴い身体にも捻りがあります。

「上の歯を覗き込む姿勢が変わらないと、首肩こりは根本的に解決しないのでは?」とお聞きしたところ、「施術道具が昔よりかなり良くなって、これでも随分、仕事中の姿勢が楽になった」と仰っていました。

現状として、この職業の方の首肩こりがなくなることは難しく感じますが、首と身体のコリと捻りがゆるむと、身体もだいぶ楽に過ごせます。

右首に強いコリがあることが多く、ここに鍼が当たると「まさにそこ、そこです。」と、とても喜んでもらえます。

こんなに首や肩が凝ってしまう職業ですが、皆さん歯の施術の話をする時がすごく楽しそうです。ご自身お仕事に誇りを持ち、こだわっている方は素敵ですね。