歯科医師・歯科衛生士の肩こり

歯科医師・歯科衛生士は、狭い口の中を覗き込み、小さく硬い歯の治療をするので、とても肩が凝ります。

口の中を覗く姿勢、特に上の歯を覗くと身体を捻り、姿勢的に辛いそうです。それから、抜歯も大変な作業のようです。

口の中を覗き込む姿勢で、この職業のみなさんは体幹と首に捻れて凝っています。この捻れをとりながら凝りをほぐし、身体を心地よい状態に戻します。

 

私はみなさんが歯科の仕事に誇りを持っているのを感じています。身体の調子が良いと仕事にも集中できるでしょう。

皆さんの仕事に、私の施術が一役買っていると思うと嬉しいですね。

 

話は変わりますが、私は右下の歯で噛めない状態でしたが、歯科治療の話をいつも熱く語る先生がいらっしゃったので、治療して頂きました。それから右下の歯で物が噛めるようになりました。

両方の歯で噛めるって素晴らしいです!顎が疲れない。笑

ありがとうございました。