顔の痛みと顔面神経麻痺

1年半前に顔面神経麻痺で来院していた方が、「顔が痛い」と来院されました。前回、顔面神経麻痺が起きた時にも顔に痛みがあり、その時と同じ痛みだと感じています。

顔に触れると、顔が突っ張って硬くなっていて、顔の動きが鈍くなっていました。

身体がとても冷えていました。この方は風邪をひきやすい体質なので、鍼灸では肺の機能が高まるように、それから身体が温まるように施術しました。

顔の痛みは数回の施術でなくなり、顔の麻痺も起こりませんでした。

 

この方はなぜか顔面神経麻痺が起こりやすいです。冷えや風邪を引くとリスクが高くなるので、日々の生活を気を付けて下さい。

今回のように麻痺が起こる前に鍼灸を受けるのは、麻痺の予防になってとても良いですね。