妊娠中の顔面神経麻痺

妊娠中に顔面神経麻痺になった方が来院されました。

多くの妊婦さんは、妊娠してもそう普段と大きく変わらない生活を送っています。

妊娠中、普通に生活していても身体の中は大きな大きな変化が起きています。母体はなかなかの重労働なのです。

その為、疾患にかかるリスクも増えていて、妊娠中に顔面神経麻痺を起こすリスクは普段の3倍にも高くなっています。

 

母体は胎児を育てる為に多くのの血を消耗しているので、血の機能が低くなり、顔を滋養できずに顔麻痺が起こります。

鍼灸では、母体が滋養されるように血の機能が高まる施術をし、顔の麻痺を改善させます。

この妊婦さんの顔麻痺も随分、改善しました。お顔が動くようになって安心した様子でした。