肝硬変

鍼灸院は稀に、病院を受診しなくてはならない方が来院します。

その日、来院された患者さまのお腹には腹水が溜まっていました。直ぐに病院を受診して頂き、「肝硬変」と診断されました。

 

それから病院と併用で、週1回、鍼灸を受けに来てくれました。施術を受けると足の血色が良くなり、浮腫みが軽減し、身体が楽になると仰っていました。

GOT(AST)GPT(ALT)値が100以上の値から77〜56まで下がりました。アンモニアの数値270が138、更に59まで下がりました。

医師から「日常生活は継続いいでしょう」と診断されました。

鍼灸は肝硬変を治すわけではありませんが、検査値の改善、浮腫み、体調を改善することで、自宅生活ができる時間を長くするお手伝いが出来ます。

 

それから、2年3ヶ月という月日が流れ、ある日、急にアンモニア値が上がりました。健忘の症状が出たことから、これを機に息子さん家の近くにある施設で暮らすことになりました。

これは2011〜2013年の頃の備忘録です。

 

この方はC型肝炎から肝硬変になった方ですが、何年も前にC型肝炎の新薬が出来て、肝硬変に移行していく方は減りました。

C型肝炎、肝硬変といった苦しみを味わう方が減って本当に良かったです。