遅発性ジスギネジア

遅発性ジスキネジアになり、3年が経過した方が来院されました。

遅発性ジスキネジアは、自分の意思とは関係なく筋肉が動き出す症状で、この方は顔が歪み、口や舌が勝手に動いて、抗精神薬の副作用です。

筋肉がうねうねと動いている時は途轍もなく不快に感じ、筋肉の動きが大きくなると痛みになるそうです。

 

顔のうねった動きは鍼灸の施術すると緩和し、筋肉が勝手に動き出すことが減ったそうですが、動かなくなったわけではありません。

 

向精神薬はよく処方される薬ですが、副作用の問題も抱えています。

薬はただ漫然と飲み続けるのではなく、医師と相談しながら効果と副作用のバランスを見ながら使っていく必要がありますね。

このような症状はどこまで症状緩和ができるかという事になりますが、出来るだけ良い結果が得られるように努力します。