遅発性ジスギネジア

遅発性ジスキネジアになり、3年が経過した方が来院されました。

遅発性ジスキネジアとは、自分の意思とは関係なく筋肉が動き出す症状で、この方は顔が歪み、口や舌が勝手に動いています。

筋肉がうねうねと動いている時は途轍もなく不快に感じ、筋肉の動きが大きくなると痛みになるそうです。

顔のうねった動きは鍼灸の施術すると緩和します。不随意的な動きが減ったと仰っていますが、動きが止まったままということはありません。

 

遅発性ジスキネジアは向精神薬の長期服用により起きたのだろうと医師から言われているそうです。

向精神薬はよく処方される薬ですが、副作用も多く、使い方が難しいようです。

 

薬の長期服用は副作用が出てくることがあります。

薬はただ漫然と飲み続けるのではなく、この薬でどの程度、症状が改善したのか、減薬は出来るかなど、考えながら服用していかなければならないのだと改めて感じました。