椎間板ヘルニアの手術、そして妊娠

椎間板ヘルニアの手術をした方が来院されました。

術後は良好で元気に過ごしていましたが、妊娠中期に入った頃から、椎間板ヘルニアの症状が再発したそうです。

妊娠中なので服薬をできるだけ避けたいと鍼灸院に来院されました。腰から下肢が痛い、膝から下がシビレています。

足の血色が悪く、色が真っ白でした。腰には手術痕があり、手術痕の周りは硬くなっていました。

 

鍼をすると、血色が悪かった肌の血色が良くなり、身体が温まりました。

この方は施術をすると痛みとシビレが改善します。妊娠中期から後期、産前まで鍼灸を受けながら、痛みとシビレをコントロールして過ごし、無事に出産されました。

 

出産後に施術を受けに来てくれました。

出産が終わると腰の痛みと下肢のシビレは消えたそうです。胎児の重さや胎児に圧迫されることが負担になっていたのかもしれませんね。

 

赤ちゃんを連れて来てくれて、抱っこさせて貰いました。女の子でふわふわ、柔らかくて可愛かったです。