子どもの食事

食べることは命を育むこと。子どもの食事がとっても気になる働く母です。しかし、仕事していると手の込んだ食事はなかなかできないという現実があります。そして、私は料理上手でも料理好きでもない…。

 

ある時、保育園の懇談会のテーマは「食育」でした。その時に給食が一般の家庭では真似できないほど手が込んでいることを知りました。

例えば、出汁。

出汁は「昆布→鰹節→鶏がら」と3段階から取ります。出汁の味を濃くすることで調理に使用する塩分を大幅に減らしています。すごい!そして、給食のメニューは子供心を捉えるように工夫されていて、子供たちは給食が大好きです。

 

私は給食のメニューで真似するのは「野菜スティック」ですが、これはすごく簡単に作れます。野菜をスティック状にカットして煮るだけです。子どもは野菜ステックを手にキュッと握り、よく食べてくれます。スティックという形が子ども心を捉えている様子です。

保育園でちゃんとした食事を食べてきてくれるのは、働く母にとてもありがたいこと。だから、わが家の食事は一汁一菜が多いです。これぐらいなら何とか作れます。

時短レシピを日々、研究して、保育園に助けてもらいながらの子育てです。子供は元気いっぱいに育っています。