マンガでわかる「花粉症が治った!」

むすめが1歳半の頃、アトピーを発症しました。その時、どのようにアトピーと向き合うかいろいろ調べているたら、あるお母さんが子供のアトピーの為にいろいろ調べてはブログにアップしてくれていましたので、ありがたく読ませて頂いていたら、kindleで書籍化したので早速、購入して読ませて頂きました。

 

本の内容は、食事を変えてアレルギーを改善するといったものでした。

日本人が多く摂取している植物油にはリノール酸が多く、これが身体をアレルギー体質に傾けるので、リノール酸の摂取が少なくなり、善玉の油(α-リノレン酸、DHA、EPA)を摂取できるように、食事や油の使い方を工夫すること大切だと書かれた本だったと思います。

この本の何が良いって、育児に、仕事に忙しい母にも読みやすかったことです。子供が小さいうちはなかなか難しい本を読む体力も暇もありませんが、かみ砕いた説明で分かりやすく情報を吸収できました~😊

 

この本を読んで油を変えて、食事のメニューを意識するようになりました。その甲斐があったのか…娘のアトピーは改善しました✨

 

さてさて、娘も小学生になり、アトピーもなくなると徐々に食事が乱れてきました。食事を管理するのは大変だし、お友達を遊ぶときはいつもスナック菓子を食べるようになりましたが、「まっ、いいか~元気だし。」といった具合になった頃、娘の習い事で出会ったお母さんが、なんと以前(8年ぐらい前)にkindleで買った本の著者だったのです。

この偶然には心底驚き、「世間は狭い」を体感しました。そのお母さんの新書がこちら↓↓↓👏

今回も分かりやすく読みやすい本で、食事の大切さを再確認しました。本を読んで、食事は出来るだけ作ってあげるぞ!と気持ちを新たにしました😊(できる範囲で←子育てはこれぐらいのやる気のなさが大切ですよね。続かないから…)

 

本が気になる方はこちらからどうぞ
アマゾンから購入
楽天から購入