病気、病後の体調不良、古傷・癒着の痛み

・病気で治療中の方

病気をきっかけにご自身の体や健康と向き合い、病院に通院をしながら鍼灸治療を受けている方がいらっしゃいます。健康を損ない、はじめて体が元気でいる事の大切さを感じ、自分の体に目を向けるようになったなど様々なお話を聞きます。

「肝腎かなめ」
「病は気から」

鍼灸治療で肝腎の機能を高め、体に気を充実させることが病を克服させる力になります。

鍼灸治療の受けた後に、はっきりと「体が元気になる」と感じることができるのなら、病は改善傾向です。

薬をずっと服用されている方は肝・腎に負担がかかっていています。鍼灸により、肝・腎の機能を向上させるることが病と闘う力になります。

・病後・術後の方、術後に癒着がある方

手術により病気が除去されても、術後は体力が落ちたり、手術痕が痛んだり、むくみ、だるさ、食欲低下、めまいなどの症状が起き、以前の自分の体のようにはいかない事が多いです。

これらの症状は病気とはみなされないので、病気や手術後にどのように元気を取り戻していくか悩み、苦労される方も多いです。

鍼灸治療は、手術後の体調不良や様々な症状を改善し、元気を取り戻すお手伝いを致します。鍼灸治を受けることにより、お悩みの症状、むくみ・だるさ・倦怠感などの諸症状が改善していきます。

また、手術痕の痛みや癒着、古傷にはお灸が良く効きます。

鍼灸治療は、体本来の力を取り戻すお手伝いをします。病気と戦い続けた身体を労い、ご自身の体の力を取り戻していきましょう。