変形性膝関節症と鍼灸治療

当院は、膝が痛い・伸びない・曲がらない・O脚に変形している・欠けた関節軟骨で膝にロックがかかるなど、様々な膝の症状に鍼灸治療をしてきました。

変形性膝関節症に鍼灸治療をすると、膝の痛みの緩和や、可動域の拡大という膝の機能回復が起こります。そして、姿勢や歩き方も改善されていきます。

膝の変形が少ないうちに鍼灸の施術を受けた方は、膝の動きは全く問題はなく(正座も可能)、年齢を重ねた今も元気に過ごしています。

足がO脚に変形して、膝が殆ど曲がらなかった方も、鍼灸治療を受け、日常生活を問題なく送れる位まで回復しました。

膝の痛みを放置すると骨軟骨の変形が進み、症状が進行していきます。早目から鍼灸治療を受けると、症状の進行を抑え、痛みが軽減し、膝の動きが広がっていきます。