椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアで多いのは、腰の椎間板ヘルニアです。
当院を訪れる方は慢性の腰部椎間板ヘルニアが多く、腰痛、下肢の痛み、痺れ、冷感、足のつりなどの症状を訴えられます。腰部椎間板ヘルニアの手術後の方も来院されます。

腰部椎間板ヘルニアは、症状がひどいと動く事も出来なくなります。急性期で全く動けないような時は通院も難しく、安静を余儀なくされますが、少し痛みが落ち着いて通院ができれば鍼灸治療を受ける事ができます。
痛み止めの薬と併用しながら、鍼灸治療を受けるのも1つの方法かと思います。鍼灸治療は、椎間板ヘルニアによって起きた腰や臀部、下肢の痛みや痺れ、筋力低下や冷感などの症状を和らげます。そのことにより曲がっていた背中が伸びたり、歩幅が広がり歩き方が改善されます。

腰部椎間板ヘルニアの症状が慢性的になっている方は、痛みが強くなった時に来院される、または、定期的に鍼灸治療に来院されているなどの方法をとっています。手術をしないで椎間板ヘルニアとうまく付き合っていきたい方は、保存療法としてぜひ一度鍼灸治療をお試し下さい。