椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの治療はどのように進めていくべきでしょうか。手術と言う方法もありますが、手術をしない治療法(保存療法)で改善する場合もあります。鍼灸治療は椎間板ヘルニアの治療の選択肢の1つです。

・痛みが慢性的になっている腰の椎間板ヘルニア

腰の椎間板ヘルニアと診断され、安静と注射や痛み止めなどにより症状を和らげたものの、腰から足への痛みは残りっている状態の方です。

ヘルニアを発症してから時間が経過している方は、飛び出した髄核(ヘルニア)が少し小さくなっているのでしょうか、症状は改善されるていくことが多いです。

・腰の椎間板ヘルニアの手術後

手術後、数年が経過して、再び腰から足にかけての痛み・シビレ、冷えになどの症状が再発した方が来院されています。妊娠により腰の支える重さが重くなり、ヘルニアの症状が再発したもいらっしゃいます。

・急性期の腰の椎間板ヘルニアの方

腰部椎間板ヘルニアの急性期は、動けないほどの痛みになります。急性期は、安静+痛み止め+鍼灸治療という環境に身をおければ、保存療法(手術しない治療方法)としては最高だと思いますが、その様な環境はなかなか手に入りません。

ブロック注射を受けながら鍼灸院に通っていた方もいらっしゃいます。注射しながら通院し、改善した方もいますし、痛みに耐えれず手術を選択した方もいらっしゃいます。

鍼灸治療は、腰や臀部、下肢の痛みや痺れ、筋力低下や冷感などの症状を和らげるお手伝いをいたします。(痛みが強い、ヘルニアになって間もない方は生活面で安静を心がけるなどの、患者さま側の協力も必要となります。)痛みが緩和されると曲がっていた背中が伸びたり、歩幅が広がり歩き方が改善されていきます。