椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、鍼灸の施術などの保存療法(手術をしない施術)で改善する事があります。

・慢性的な椎間板ヘルニアの痛み

椎間板ヘルニアと診断され、安静と注射や痛み止めなどにより症状を和らげたものの、腰から足へ(もしくは首から腕へ)の痛みが残ってい方に鍼灸の施術は適応です。

・椎間板ヘルニアの手術後の痛み

手術後、数年が経過して、再び痛み・シビレ、冷えになどの症状が再発した方に、鍼灸の施術をご利用頂いています。妊娠により体重が増え、椎間板ヘルニアの症状が再発した方にもご利用頂いています。

・急性期の椎間板ヘルニアの方

椎間板ヘルニアの急性期は、動けないほどの痛みが起こります。ブロック注射を受けながら鍼灸の施術を受け、改善した方もいらっしゃいますが、安静が必要な時期で、痛みの程度によっては通院が難しいです。

急性期の方は痛みが激しく、手術を受けるか迷っていらっしゃいます。通院が可能な範囲の痛みであれば、手術を受ける前に、保存的な施術として鍼灸の施術を受けてみると良いと考えています。

手術を言われていた方が、症状改善し、手術が必要なくなったという症例がいくつもあります。

関連ブログはこちら