鍼灸へのこだわり

「そこが辛かった」「そこに触れてほしかった」という患者さんの感覚や気持ちに寄り添った鍼灸治療を提供したいと思っています。

ツボは毎日、少し動いたり、反応に変化があります。日々微妙に変化するツボを捉え、刺激する事が治療効果につながります。ツボには角度・方向・深さがあります。そこをピタッと指先で捉え、ツボの反応に鍼先を持っていきます。すると体が変化し、症状が改善されていきます。

使う鍼へのこだわり

ディスポ鍼(使い捨て鍼)を使用する鍼灸院が多くなっていますが、当院は使い捨でない上質な鍼を使用しています。

当院は、患者さま個人の鍼をご用意し、「ご自身の鍼はご自身しか使わない」というシステムにしています。個人専用の鍼をオートクレーブ(高圧滅菌機)で消毒し、保管している為、感染の心配はありません。

鍼で経穴(ツボ)を刺激する時は手先の感覚が頼りです。上質な鍼は、柔らかく、よく伸びる上質の金属で作られいる為「鍼が体に与えた刺激」や「体がどのように反応しているか」という微細な感覚を鍼を通して手に届けてくれます。

体に刺入する鍼は、良い材質のほうが体に優しく、感覚的にも気持ちが良いです。繊細な技を提供する為にも、鍼の質にはこだわっています。

*どうしても使い捨て鍼が良いという場合は、使い捨て鍼のご用意もありますので、ご希望の場合は事前にお申し付け下さい。 (鍼代が別途500円かかります。)

個人の鍼を選ぶ

鍼灸治療に使われる鍼は髪の毛のような細さです。直径0.15mmの鍼を基準に細い・太い、長い・短いなど、個々に合わせ、使う鍼を選びます。

お灸について

お灸は艾(もぐさ)を捻って小さな円錐形を作ります。大きさはわずかゴマ粒ぐらいです。
燃え尽きる時にチクッとした刺激があります。肌に触れない間接的なお灸も使うことがあります。鍼と灸を上手に組み合わせることによって治療効果を高くします。