はじめての方へ

はじめての方にとって、「はり治療」はとても怖いものに感じるかもしれません。

しかし、「はり」は「針」のように太いものではなく「鍼」と書き、肉眼で見えにくい、髪の毛ぐらいの細いもの(直径0.15mm以下)です。

あまりに柔らかい鍼体は刺そうとしても、くにゃっと簡単に曲がってしまいます。

皮膚の皮を切る時に、チクッとするときもありますが、ほとんどは無痛です。

体の奥に「響き」という鍼独特の感覚を起こす場合もありますが、この感覚は好き嫌いがあるので、響きが好きな方にははっきりとした響きを、響きが苦手な方には優しい響きを(もしくは無感覚)の治療を提供しています。

鍼灸治療で大切なのは、患者さまの体を正確に読み取ること。

体には、歪み・凹み・硬い・力がない・冷たい・熱い・くすみ・ザラザラ・肌の色・産毛の生え方など、さまざまな体の状態があらわれています。こうした体からの声を注意深く読み取り、刺鍼していきます。

体の辛かったところに指先や鍼先がスッと触れた時の感覚はとても心地が良いので、そういった体の反応(ツボ)を正しく捉えるよう、細心の注意を払いながら施術していきます。

個々の体に合わせた治療を組み立てます

体はひとりひとり違います。その為、それぞれのお体に合わせた治療を組み立てます。使う鍼も個々で太さも長さも違います。

心地良いと感じる治療を提供できるように致しますので、ご心配・ご希望などありましたら、何なりとお申し付け下さい。