はじめての方へ

はり治療と聞くと、痛い・怖いといった印象をお持ちの方が多くいらっしゃると思います。

「はり」は「鍼」と書き、「針」のように太くはありません。その太さは、肉眼で見えにくい、髪の毛ぐらいの太さです。あまりに柔らかい鍼体はそのまま刺そうとしても、簡単にくにゃっと曲がってしまいます。

皮膚の皮を切る時に、チクッとするときもありますが、ほとんどは無痛です。

体には、歪み・コリ・冷たい・くすみなど、いろいろな反応が現れ、「ここを触って欲しい」と訴えています。それらの反応を読み取り、患者さまの身体感覚を大切に、身体が喜ぶように鍼灸治療していきます。

体の辛かったところに指先や鍼先がスッと触れた時の感覚はとても心地が良いです。

お話を聞き、鍼を選び、治療をつくっていきます。

身体は人それぞれ、誰一人として同じ身体はありません。鍼独特の感覚である「響き」のような感覚を好む方もいれば、全く響かせない、触れるような治療を好む方もいます。

初回は、お話を聞き、その方の身体に合った鍼灸治療をつくっていきます。ご自身の身体が求めている治療や身体の変化はどのようなものでしょうか。

身体が心地良いと感じる治療が身体を良い方向へ変化させます。心地よさを大切にする為、治療中でも、ご心配・ご希望、部屋が寒いなども含め、何なりとお伝え下さい。