坐骨神経痛

坐骨神経痛が酷くなると、歩けなくなる、痛すぎて座れない、立つ事が出来ない、楽な姿勢が無い、患部に触れるだけで飛び上がるほど痛いなどの症状を起こします。

ひどい症状が出る前に鍼灸治療を受けておくと良いのですが、多くの方が痛みが出てから年月がたち、痛みがどうしようもならなくなったときに鍼灸院に来られます。

坐骨神経痛は、症状や年齢によって改善の速さに差が出ます。体力がある方の回復は早く、虚弱な方の回復はゆっくりです。

回復の早さをみる目安に、お尻の筋肉が凹んでいるか、凹んでいないかと言うのがあります。

お尻の筋肉が凹んでいる(筋萎縮)がある場合は改善に時間が掛かり、お尻の筋肉が左右同じ大きさを保てている場合は改善しやすいと考えられます。

鍼灸治療により、症状か改善し、日常生活が楽になっても、きちんと症状が消えるまでは治療を続けましょう。

昼間の時間の歩行や日常生活に問題がなくなっても、朝の起床時に痛みが出るようでしたら、その痛みが消えるまで鍼灸治療を続けたほうが良いでしょう。