糖尿病と手のシビレ

手に痛みとシビレを訴えた方がいらっしゃいました。手根管が圧迫されるとシビレと痛みが増強するので、手根管症候群の疑いです。糖尿病がをお持ちなので、糖尿が原因と言えるでしょう。

糖尿病の方は必ず、体に「湿」が溜まっていて、体に鍼をすると鍼の感覚がしっとり、ねっとりしています。体に溜まってしまった湿気(湿邪)を出すのが鍼灸治療です。

糖尿病の方は、湿気(湿邪)が体から出ていくとすっきりします。

特に、糖尿病の初期の方は、むくみ、だるさ、疲れやすさ、目のかすみ、シビレなどが改善し、体調が良くなり、顔色も良くなります。

糖尿病は付き合いが長くなってくると、慣れがでてきて、糖尿病への怖さがなくなります。ヘモグロビンの値が上がっても、ほんのちょっとの数値しか上がっていない、と受け止め方も鈍くなってきます。

何か症状が出て、その痛みが糖尿病から起こると知り、糖尿病との付き合い方を改めて考え、向き合うことができる人は良いですね。

糖尿の症状が鍼灸で緩和して、体が楽になった分、不摂生してしまうようなことがあるならば、鍼灸治療は受けないほうが良いでしょう。

今回の手の痛み・シビレは緩和が早くてよかったです。これからも糖尿病が進行しないように食事と運動には気を付けてお過ごしください。