手のシビレと糖尿病

手の痛みとシビレの症状です。手根管の圧迫でシビレと痛みが出るので、手根管症候群の疑いがあります。

また、糖尿病があるので糖尿病由来の手の痛みかもしれません。

糖尿病は体に湿が溜まり、鍼をした時に鍼先がしっとり重く感じます。この感覚があると身体に湿気が溜まっているという事です。身体から湿気を追い出すように施術します。

糖尿病の方は、身体から湿気が出ていくとスッキリし、身体を軽く感じます。むくみ・だるさ・疲れやすさ・目のかすみ・シビレなどの症状も軽減します。

糖尿病との付き合いが長くなってくると、身体が重いのが当たり前のようになってきます。でも、身体が重いとますます動くのが億劫になり、悪循環になります。

身体が重いと感じたら、鍼灸の施術で身体をスッキリさせるのも1つの方法です。

この方は、鍼灸の施術により手の痛みの改善を感じ、続けて施術を受けています。もう眠れないほどの手の痛みはコリゴリだと仰っていました。

手の痛みの原因が糖尿病とは言い切れませんが、糖尿病の方は手足の痛みやシビレが起き易いです。これを機に、一旦、生活を見直すと良いかもしれません。