椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと診断されている方の来院は多いです。来院で一番多いのは、慢性期の椎間板ヘルニアの方です。

症状として、足に痛みやシビレ、腰痛、立位が続けられない、座っていられないなどの不自由さを抱えながら生活をしています。この様な症状は、治療を重ねていくうちに歩行が楽になったり、歩幅が広がったり、楽に座ることが出来るようになります。

「ヘルニアが2箇所あり、手術を勧められている。何度も痛みが出るので、自分でも手術しようかと迷っている」と言っていた患者さんも、鍼灸治療を受けて痛みが緩和する事で、「手術はしないで保存療法で過ごす」とお考えが変わっていきました。

対応が難しいのは急性期の椎間板ヘルニアで激痛がある方です。痛みが激しく、まず来院が難しいです。その為に、急性期の椎間板ヘルの方の治療を受け持った事は少ないですが、痛み止めの注射と併用しながら通院された方などの治療経験があります。

また、椎間板ヘルニアの術後に手術痕が痛む、手術後も下肢に冷感やシビレが出て来院される方もいらっしゃいました。椎間板ヘルニアの手術後に妊娠され、体に掛かる重さが大きくなった時、腰や下肢に再び痛みや冷感が出て来院された方もいらっしゃいました。

椎間板ヘルニアも様々な症状がありますが、それぞれの症状に合わせた鍼灸治療を提供してきました。椎間板ヘルニアの保存的な治療の1つに鍼灸治療があり、多くの方に利用されています。