圧迫骨折

階段を踏み外し、圧迫骨折になった方が来院されました。

病院から、軽度の圧迫骨折なので、筋力が落ちないように家で生活するように指示されたそうです。

レントゲンを見ていないので、どの程度の圧迫骨折かは分かりませんが、痛みが強く、ベッドに上がり施術を受けることは出来そうもありません。

ちょっとの動きで激痛が走るのでベッドサイドに立ったまま、上半身だけベッドの上にうつ伏せになり、鍼灸の施術を受けてもらいました。

この姿勢はすごく楽そうで、施術中はぐっすりと寝ていました。痛みとの戦いで疲れたのでしょう。身体は、背中から骨盤まで歪み、ガチガチに固まっていました。

当院まで距離がある方なので、通院するのは辛いのではないかと思いましたが、1回施術を受けるごとにかなり痛みが引くそうで、家族に送ってもらったり、自力で電車とバスに乗り、継続的に来院されました。

鍼灸の施術を数回受け、痛みが引き、以前の動きをとり戻しました。

この方は、普通に動けることや日常生活の大切さを改めて感じたそうです。毎日、丁寧に生活し、転ばないように気を付けているそうです。