眼精疲労・緑内障

眼精疲労

眼精疲労は、鍼灸治療後に「像がぼやけない」「視野が明るくなった」などと視力の改善を感じて頂いています。

現代は、パソコンで仕事をされる方が多く、強い眼精疲労を訴える方は多いです。顔の刺鍼が大丈夫ならば、こめかみに鍼をする事もあります。また、頭皮に鍼やお灸をする事もあります。眼精疲労の方は首肩が非常にこっているので、首肩の状態を整えることが大切です。

緑内障・正常眼圧緑内障

緑内障・正常眼圧緑内障の方は、眼科の治療(点眼薬等)と鍼灸治療を併用するという形で治療を担当しています。首の症状がおかしいので、眼科に行ってもらったら、正常眼圧緑内障と診断された方もいらっしゃいます。

鍼灸治療は、体全体の気血の流れを整える事で、眼の中の水(房水)の代謝を改善するのかもしれません。鍼灸治療を受けていると眼科疾患が改善したと言う報告をよく頂きます。