つわり

患者さんが妊娠されました。おめでとうございます。まだ不安定な時期なのでお体を大切にお過ごしください。

今回は2人目のお子さまで、すぐにつわりが始まり妊娠に気が付いたそうです。

そのために今日はつわり止めの経穴(ツボ)を加えて鍼灸治療しました。つわりは鍼灸治療でコントロールすることができると言われています。
治療後は「楽になった~」と喜んでられましたが、これでつわりが消え去ると言うわけではありません。2週間に1回の鍼灸治療でつわりと体調をコントロールしています。

つわりの時は辛いですね。つわりの原因ははっきりと分かりませんが、つわりがないとおかあさんが不安定な時期にも関わらずいつも通り動いてしまい、胎児が成長していくのに良くない状態になりそうです。そこで、「お母さん、僕が、私がもう少しお腹の中で大きくなるまで大事に大事に身体を使ってね…」っていう胎児からのメッセージがつわり、などと私は考えています。つわりの時期は体を大事に過ごして下さい。

お腹がふくらみ、胎児も安定したころ、お腹のふくらみを見ながら、母なる自覚が芽生え、女性はより身体を大切に扱うようになる。その頃が安定期になるかもしれません。

悪阻(おそ)の人は、こんな事を考える余裕もないぐらい辛い状態でしょうか。

何はともあれ、新しい生命の誕生が嬉しいですね。経過が順調なことをお祈り申し上げます。