膝の痛み・変形性膝関節症

変形性膝関節症(膝の痛み)で、左膝外側と右膝裏の痛みがあり、当初は歩行に問題があった方です。

左膝は、関節ネズミ(変形した軟骨が欠けて、関節腔内を動き回る)がある為、膝が曲がったままで動かない状態になる事(ロッキング現象)が度々起こりました。

膝が曲がったまま動かない状態が、鍼灸の施術で解けるという体験をしてから、「鍼灸は効く!」と感じ、鍼灸治療を続けてくれました。

今現在、膝蓋骨の動きもよく、正座も可能、歩行に問題はありません。

何も治療しなければ、膝はどんどん変形していったでしょう。この方は、長く使ってきた身体だからメンテナンスすると長く鍼灸治療を受けてくれました。

70代の今、この方の膝はきれいで、見た目の変形は殆どありません。膝の変形が抑えられ、良い状態で何年も過ごしている症例です。