うつ病

生活の中で激しいストレスを受け、ストレスの消化・発散が追いつかない状態が続くと、うつ病になることがあります。うつ病の方の落ち込みや苦しみ、悲しみはとても強く深刻な状態です。

うつ病は、気分の抑うつ・肩凝り・だるさ・イライラ・便秘・不眠・易疲労・息苦しさ・むくみ・全身倦怠感などあらゆる症状を起こします。

うつ病は周りの人からは一見してそれとは分からないこともありますが、脈や舌、身体に触れると、身体に深刻な変化が起きていると感じる事が出来ます。

うつ病を鍼灸で改善する

鍼灸の施術では、まず身体を整え、お持ちの症状を和らげます。身体の調子がよくなると、徐々に気持ちも元気になっていきます。

鍼灸では、まず身体の自然な状態を取り戻すことを目指します。

薬で改善するはうつ病は約2割

日本ではうつ病と診断されると、殆どの場合、薬による治療が始まりますが、薬によって改善するうつ病は約2割と言われています。

うつ病の治療は様々な治療法があるので、自分に合った治療法で、上手にうつ病と向き合えると良いですね。鍼灸の施術もうつ病の治療の選択肢の1つです。

 

関連ブログはこちら