腕の麻痺

急に腕や肩に力が入らなくなり、腕が動かなくなることがあります。腕の麻痺の原因が「首の神経根が圧迫されているから」と診断されると、医師に「手術も選択肢の1つ」と言われます。

しかし、手術には首の前からメスを入れる、手術しても良くなるかは分からない等といったリスクがあります。

 

腕の麻痺を鍼灸で改善する

脳や脊髄に問題がない麻痺(末梢性)は鍼灸の適応です。末梢性の腕の麻痺が鍼灸を受けることにより、徐々に改善していきました。

①コップの持ち手が握れるようになる
②持ち手を握り、コップの底をテーブルから浮かせられるようになる
③コップを持って肘を曲げられる
④コップを口元に運べる

 

腕の麻痺(末梢性)の場合、麻痺が起きてすぐに鍼灸を受けると経過が良いです。麻痺が起きてから時間が経過し、麻痺を起こしている筋肉が痩せてくると改善に時間がかかります。

 

 

Facebook