腕の麻痺

腕や肩に力が入らない、腕を上げることができないといった麻痺の症状が突然、起こることがあります。

麻痺は腕が動かず、いつも出来ていたことが出来なくなるので、精神的なショックが大きいです。

 

病院で、首の神経根の圧迫が麻痺の原因だと診断されると「手術するのも選択肢の1つ」と医師から言われますが、当院には手術を躊躇している方が来院されています。

手術を躊躇する理由として、

・手術自体にリスクを伴う

・手術後に長期の入院とリハビリが必要である

・手術しても症状が治るとは限らない

などが挙げられます。

症状が治るとは限らないのに首にメスを入れるのは怖い、と感じるのは当然だと思います。

 

腕に麻痺が起きた方で、「鍼灸クラニオ整体」を受けて、メキメキと改善していく方がいました。

下記のように腕の機能が回復していくのが観察できました。

・コップの持ち手が握れるようになった

・持ち手を握り、コップの底をテーブルから浮かせられるようになった

・コップを持って肘を曲げられるようになった

 

しかし、麻痺が起きて時間が時間が経過し、筋萎縮(麻痺で動かない筋肉が痩せていく)が進んでいる方の改善は遅かったです。

(腕の麻痺に限らず)末梢性の麻痺は、症状が出てからすぐに施術を受ける方が経過が良いです。

 

鍼灸クラニオ整体では、気持ちの不安を和らげながら、麻痺症状が改善するようにお手伝いしています。