腕の麻痺

腕や肩に力が入らない、腕を上挙げることができないといった麻痺の症状が突然、起きることがあります。

腕が動かず、いつも出来ていたことが出来なくなるショックは計り知れません。

画像診断で、首の神経根の圧迫が麻痺の原因だと診断されると「手術も選択肢の1つ」と医師に言われますが、手術のリスクを考えた方が来院されます。

特に首の前からメスを入れる手術の場合は、手術に慎重にならざるを得ません。

 

麻痺の場合、麻痺が起きてすぐに施術を始める方が経過が良かったです。

麻痺が起きて時間が経ち、動かなくなった筋肉が痩せてきてしまうと回復に時間が掛かります。

 

「鍼灸クラニオ整体」では下記のように腕の機能が回復していくのが観察できました。

・コップの持ち手が握れる
・持ち手を握り、コップの底をテーブルから浮かせられる
・コップを持って肘を曲げられる
・コップを口元に運べる