脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で腰が痛い、足が痛い、歩けない、足がつる、うまく歩けずに人に支えられながら来院される方がいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症の患者さまの足は血流が極端に悪く、足の色が白や紫色になっています。この足の色が変化する、つまり、足の血流が改善することにより、脊柱管狭窄症の症状は改善していきます。

脊柱管狭窄症で手術をするか迷っていた方が鍼灸クラニオ整体で改善して、生活を取り戻しました。スポーツを再開できた方もいて、改善の大きさに驚かされることがあります。