脊柱管狭窄症

狭窄症は驚くほど良くなることがある

脊柱管狭窄症で腰が痛い、足が痛い、足がつる、歩けないなどの症状が起こります。人に支えられて来院する方もいます。

歩けないほどの症状が起こる脊柱管狭窄症が鍼灸で改善することがあります。

手術しかないと言われた方が鍼灸を受けて改善し、中にはスポーツを再開した方もいます。

 

脊柱管狭窄症は足の血流が極端に悪くなっていて足が真っ白、もしくは赤黒くなってますが、この血流が改善し、足の色が良くなる方は経過が良い傾向があります。

 

 

Facebook