脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなり、腰痛、足の痛み、上手く歩けない、足がつって眠れないなどの症状が起こります。

足を引きずりながら、人に支えられて来院される方もいらっしゃいます。

 

脊柱管狭窄症の患者さまの足は、血流が極端に悪く、足の色は白や紫になっています。

この足の色が改善する、つまり、足の血流が改善することで脊柱管狭窄症の症状が改善するようです。

脊柱管狭窄症の方の中には、スポーツを再開した方もいて、その改善の大きさに私自身も驚くことがあります。

 

ただし、重症の脊柱管狭窄症ではっきりとした足の麻痺や(足指が動かないぐらいは問題ありません)、排尿障害(おもらし)が起きているような時は「鍼灸クラニオ整体」の適応外です。

 

脊柱管狭窄症で手術をするか迷っている方は、「鍼灸クラニオ整体」を手術の前に受けてください。

身体にメスが入った前と後では、身体の変化の仕方が違います。

脊柱管狭窄症が手術なしで改善するならば、こんなに身体に優しいことありません。