脊柱管狭窄症

鍼灸で改善する脊柱管狭窄症はある

脊柱管狭窄症の全てに対応しているわけではありませんが、鍼灸の施術で改善する脊柱管狭窄症は存在します。医師からは手術しましょうと言われている方が鍼灸の施術で改善し、元のように歩いています。

当院が、脊柱管狭窄症で鍼灸の適応外と考えているのは、足に麻痺が起きている、排尿障害が起きている場合です。

しかし、足の痛みや歩行障害といった症状の方は改善していく事もあり、手術を決心する前に、鍼灸の施術を試してもらいたいと思っています。

足の血流を改善すること

脊柱管狭窄症は足への血流が極端に悪く、患者さまの足は白か紫になっています。

この足の血色を改善できるかが、施術に効果があるかのひとつのポイントになっていると感じています。

手術しかないと言われていた

脊柱管狭窄症の方で手術しかないと言われ、手術に躊躇した方が当院にいらしゃいます。

鍼灸の施術により、歩けるようになったり、中にはスポーツを再会した方もいらっしゃいます。

手術を選択すると、もう後戻りが出来ません。手段は最終手段として、その前に試せることは試してみた方が良いのではないかと、私は思っています。

手術せず、鍼灸の施術で改善すればこんなに身体に楽なことはありません。

関連ブログはこちら