更年期障害

鍼灸は更年期で乱れたバランスを整える

閉経を迎える前後は身体の変調期です。更年期の辛い症状に投薬や注射で症状を抑える方もいますが、薬が合わない、薬では症状コントロールがうまくいかない方が鍼灸を受けています。

 

鍼灸は更年期のイライラ、首肩こり、冷え、のぼせ、多汗などの症状を和らげます。更年期は特にお灸が効果的で、お灸を気持ち良いと感じる方が多いです。

 

更年期に無理をすると後々生活に響くので、鍼灸で心身を整えて過ごしましょう。

 

Facebook