変形性股関節症

「股関節が痛い」と来院される方は、

・変形性股関節症
・臼蓋形成不全

のどちらかの疾患です。

変形性股関節症の場合、股関節に隙間が残っているなら「鍼灸クラニオ整体」によって痛みの軽減、股関節の動きの増大、歩行の改善などが望めます。

変形性股関節症で脚長差が3センチ以下ならば、骨盤の傾斜で代償し、歩行に問題は起こらないと言われています。この時期ならば「鍼灸クラニオ整体」で大きな改善が望めます。

また、末期と診断されていた方が、何年間も鍼灸クラニオ整体とリハビリで過ごした症例もあります。

 

股関節の変形が進み、手術が余儀ない場合もありますが、そこまで症状が進む前に、股関節に手入れをして、生涯自分の股関節で過ごせるようにしましょう。