腱鞘炎・ばね指

■腱鞘炎について

同じ動作の繰り返しにより、腱鞘に負担がかかると腱鞘炎を起こします。

当院は、抜歯、楽器の演奏・PCの長時間の使用などで腱鞘炎になった方に施術をしてきました。

腱鞘炎は症状の強さにもよりますが、比較的経過の良い疾患です。

 

■ばね指について

ばね指は腱鞘が肥厚したり硬くなることで、指がばねの様な動きになり、激痛が走ります。

病院でばね指の治療は、ステロイド注射をうつか、腱鞘に切り込みを入れる手術を行ないます。

ステロイド注射をうつと、数ヶ月の間は痛みが引くようです。注射は腱を痛め、腱が切れてしまうことがあるので2~3回までの使用となっています。

腱鞘に切り込みを入れる手術は、日帰りで出来ます。

 

鍼灸クラニオ整体でばね指を改善したい方は、

・ばね指だけでなく、首肩こりや体調不良があるので、全身的に診てほしい

・持病があるのでステロイド注射はしたくない

・ステロイドの注射をしたが改善しない、でも手術はしたくない

などといった理由をお持ちです。

 

ばね指は、腱鞘が肥厚して硬くなっているので、変化するのに時間が掛かります。

鍼灸クラニオ整体では、ばね指が起きている指だけに施術をするのではなく、前腕や上腕、首肩の状態も整え、身体全体を整えていきます。