腱鞘炎とばね指

腱鞘炎と鍼灸

腱鞘に長期的な負担がかかり、腱鞘に炎症や痛みが起こっている状態です。

仕事で同じ動作を繰り返し、腱鞘炎になっている方の来院が多く、抜歯、楽器の演奏・PCの長時間の使用などにより腱鞘炎になった方に施術をしてきました。

みなさん、首肩コリ等の症状をお持ちなので、全身を整えていきます。腱鞘炎は出来るだけ痛みが出ないように安静にいして頂くことも大切です。

腱鞘炎の症状の強さにもよりますが、比較的経過の良い症状だと思います。

ばね指と病院の治療

ばね指は、腱鞘が肥厚したり、硬くなることにより指がばね様の動きをするようになり、激痛が走るようになります。

病院では、ステロイド注射か手術療法で治療します。ステロイド注射は、数ヶ月の間、痛みが引きますが、回数使うと腱を痛め、腱が切れてしまうことがあるので2回程度の使用となっているそうです。

手術では、腱と腱鞘が引っかからないように腱鞘に切れ込みを入れます。日帰りで出来る手術です。

ばね指と鍼灸

ばね指は、腱鞘が肥厚したり硬くなり引っ掛かりが生まれているので、簡単に改善していく症状ではありません。

しかし、鍼灸の施術と出来るだけ痛い所を使わないようにして頂くことで、症状が改善した方もいらっしゃいます。

ばね指に鍼灸の施術を選ぶ方は、病気をお持ちなのでステロイド注射はしたくない、ステロイドの注射をしたが改善しない、でも手術はしたくない、といった方の施術を担当してきました。

また、ばね指と首肩の症状でお悩みで、首肩とばね指の両方を施術してほしいと来院される方もいらっしゃいます。

関連ブログはこちら