五十肩・四十肩

肩の痛みの来院で一番多いのは「五十肩・四十肩」です。この症状は、肩関節が痛み、動かなくなる症状です。

鍼灸の施術をすると肩関節の可動域は広がり、徐々に肩関節の機能は回復します。

どれぐらいの期間(施術回数)で改善するのか

五十肩・四十肩の施術は、1クール(施術回数12回)を目標に施術を進めていきます。五十肩が初めて起きた症状で、重症でなければ大体1クールあれば改善していきます。

しかし、何度も肩が動かなくなる症状を繰り返している、肩が動かなくなって時間が経過しているといった症状の場合は2クール(24回)ぐらいの施術期間が必要になります。

大抵、鍼灸の施術が12回過ぎる頃に症状が大きく変化しますので、まずは12回、施術を続けて頂けたらと思います。

五十肩・四十肩はある程度改善するまでは、施術後に動きが良くなってはまた固まるということを繰り返します。患者さまは、本当に改善していくのか心配になる方もいらっしゃいますが、きちんと改善していくので心配はありません。

五十肩・四十肩の施術は痛くない

五十肩は、固まっている肩関節を無理に動かして施術する事もありますが、無理に動かすと肩は余計に固まり、痛みが強くなります。

肩関節は無理に動かさなくても動きをとり戻していきます。

施術では、固まっているところに鍼灸・クラニオ整体で優しくアプローチし、肩関節の動きを取り戻していきます。施術では無理な動きも、痛みが出る動きも致しません。

その他の肩の痛み

五十肩と似た症状として腱板断裂、石灰沈着性腱板炎、リウマチ性多発筋痛症などもあります。診断名がでている時は、診断名を必ずお伝えください。

関連ブログはこちら