首肩コリ

来院される方は首肩こりだけでなく、手が痺れる、頭痛、眼精疲労、めまいなどの症状を伴っている方が多いです。「首肩コリが酷くても鍼だけは怖くてなかなか試せなかった」と仰る方も多いです。

当院は施術の間、患者さまに心地よさを感じてもらうことを大切にしていますので、「鍼は怖い・痛いのではないか」という思いは直ぐに払拭されると思います。

コリに対して鍼を使うアドバンテージは大きく、身体の奥にあるコリに触れることのできる鍼は、コリを緩め、身体の変化を大きく起こすことが出来ます。

はじめは手で触れ、全身を緩める

首肩こりがあるということは、全身に緊張や疲れが溜まっています。まずは、身体に優しく触れ、ゆっくりと身体を緩ませていきます。身体がほぐれる心地よさを感じて頂き、その後から鍼で施術していきます。

最後に残ったコリは鍼で触れる

身体を整えても、最後には強いコリは残ります。この残ったコリに対しては、鍼で直接触れてほぐしていきます。この時、「いつもそこが辛かった」というところに鍼先が届くと、身体が一気に緩み、汗をいたり、身体が温まったり、目がスッキリしてよく見えるようになったりと、はっきりとした改善を感じることが出来ます。

首肩こりは、ざまざまな不調を起こす

首肩こりも放置していると、めまい、血圧の向上、手の痺れ、握力の低下、頭痛…驚くほど多くの症状を引き起こします。

首肩コリをほぐすと、身体が元気で楽に過ごせ、様々な不調の予防にもなります。身体の調子が良くなり、風邪をひきにくくなり、仕事を休まなくなったとの感想も頂いています。

関連ブログはこちら