帯状疱疹

帯状疱疹が痛い・治りにくいと感じたら

帯状疱疹は、身体に潜伏している水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化により起こります。

片側の神経の走行に沿って痛みがでるのが特徴です。

抗ウイルス薬を服薬することが一番の治療ですが、身体の免疫が下がっていると服薬だけでは回復しないことがあります。そんな時は鍼灸の施術が役立ちます。

鍼灸は身体の免疫力を高めてくれる

帯状疱疹で怖いのは神経痛が後遺症として残ることです。痛みが強い、回復していかないときには身体の免疫力を高めててくれる鍼灸を利用すると、痛みが緩和し、改善が早くなります。

痛みが強くて眠れない

あまり知られていませんが、帯状疱疹に鍼灸は適応です。帯状疱疹はさまざまな年齢の方が罹り、幅広い年齢層が鍼灸院に来院されています。

痛みが強く眠れない方は、鍼灸の施術をすると眠れるようになり回復が早くなったと感想を頂いています。

一番怖いのは神経痛が後遺症として残ることです。帯状疱疹の痛みが強い、治りにくいと感じたら鍼灸の施術をご検討ください。

 

関連ブログはこちら