帯状疱疹

帯状疱疹を鍼灸で改善する

帯状疱疹は抗ウイルス薬をできるだけ早いタイミングで服薬することが大切です。しかし、服薬しても帯状疱疹の治りが悪い、痛みが強くて眠れない時は鍼灸が適応になります。

鍼灸は帯状疱疹の痛みを抑え、免疫力が落ちた身体に力を取り戻します。帯状疱疹がなかなか直らないで苦しんでいる高齢者や、働き盛りで帯状疱疹になり痛みで眠れない方など、多くの方が鍼灸を利用しています。

 

帯状疱疹には抗ウイルス薬がありますが、それでも鍼を必要とする症状があります。

帯状疱疹は後遺症が残るととても辛い疾患です。薬だけで改善していかないと感じたら、早めに鍼灸を検討して下さい。

 

Facebook