帯状疱疹

帯状疱疹は水泡が出る前に薬を飲むのがベスト

帯状疱疹は、身体に潜伏している水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化により起こります。神経の走行に沿って痛みが出るので、水疱が出る前に診断が可能です。

水疱が出る前に抗ウイルス薬を処方してもらうと回復が早いです。

帯状疱疹が治りにくいのは、身体の免疫力が下がっているから

帯状疱疹は身体の免疫力が下がっている時に発症します。服薬してもなかなか痛みが納まらないのは、身体の免疫力が下がっていて回復しきれないからです。痛みが強く眠れない場合も回復が遅くなります。

痛みが引かない、回復が遅い時は鍼灸の施術を

帯状疱疹の痛みは鍼灸の施術で改善していきます。痛みが引くとよく眠れるので、身体が元気になっていきます。身体の免疫力を挙げる鍼灸の施術は帯状疱疹の方に多く利用されています。

帯状疱疹は、さまざまな年齢の方が罹患し、神経痛という後遺症が怖い症状です。後遺症を残さない為にも、帯状疱疹の痛みが強い、治りにくいと感じたら鍼灸の施術をご利用ください。

関連ブログはこちら