不妊症

「不妊症かも」とお悩みのご夫婦は多い

子どもを授からないことは、ご夫婦の大きな悩みになります。「不妊症」と感じてから、どのような治療を選ぶのか、いつ結果が得られるのかなど、先の見えない長いトンネルの中でお悩みの方も多いかと思います。

まずは病院での不妊検査を

不妊症かもしれないと感じたならば、病院で検査をすることは大切だと思います。原因によっては治療方法が確立されていて、結果が得やすいことがあります。

鍼灸で妊娠しやすい身体づくり

妊娠は、できるだけ自然に近い状態で卵子を成長させ、排卵を促すほうが妊娠率が高くなります。鍼灸で身体を整えることが結果として、元気な卵子を育てることに繋がります。

生活習慣、慢性疲労や冷え、ストレスなどから来る月経不順や排卵障害、その他の機能不全が妊娠しすらさに繋がっている場合もあり、これらは鍼灸の施術により改善していく症状です。

また、不妊治療で誘発剤を使い続け、身体が不調になったと感じ、身体を元気にとり戻す為に来院する方もいらっしゃいます。

当院で感じた鍼灸の効果

病院の不妊治療と鍼灸を併用している方の報告で印象的だったものは、卵子の育ちが良くなり、採卵が上手くいった、AHM(アンチミューラリアンホルモン)値の向上、卵巣茎捻転で排卵できなくなっていた卵巣から排卵が起きるなどの変化がありました。

不妊といわれていても自然妊娠することもある

妊娠は不思議なもので、「あなたは自然妊娠ができる身体ではない」と医師から言われていた方でも自然妊娠することがあります。身体にはご自身が気が付かない力が隠れているのかもしれません。

慢性的な肩こりや腰痛、冷え、ストレスによる緊張など何か不調があるならば、身体が良い状態とは言えません。鍼灸で身体の調子を整えながら妊娠を試みるもの、今までとは違う方向から不妊のや身体のことを考える良いきっかけになるかもしれません。

妊活が苦しくならないように

妊活で結果が伴わない時は、見えないゴールに焦燥することがあります。予め、ご夫婦でどこまで治療を進めるのか、体外受精の回数とか、妊活期間とザックリと決めておいたほうが良いかもしれません。

当院は、ご夫婦が良い状態で妊活に取り組めるように、鍼灸・クラニオ整体を通してお手伝いいたします。一緒に妊娠しやすい元気な身体を作りましょう。

関連ブログはこちら