不妊症

「不妊症」という悩み

晩婚傾向である現代では、結婚して1年で子供を授からない場合は「不妊症」と言われ、不妊治療を促される傾向があります。

不妊症との向き合い方はいろいろあります。不妊症とお悩みのご夫婦は、不妊症とどのように向き合い、どのように治療していくのかを話しあっていく必要があるでしょう。

病院での不妊検査

なかなか妊娠しないと感じたならば、まずは病院で検査することをお勧めします。不妊の原因がはっきりとする場合や、病院での治療を早く始めたほうが良い場合があります。

不妊の検査結果は変化する

検査の結果を知ることは自分の身体を知ることに繋がり大切な事ですが、身体全てを数値化している訳ではありませんし、検査結果は変化するものです。

検査結果はあくまで参考程度にし、結果に囚われないようにしましょう。

いろいろな不妊治療

不妊の治療方法はタイミング療法や排卵検査薬、病院での不妊治療、鍼灸など選択肢がいろいろあります。

また、病院の不妊治療も医師によって方針が違い、治療の進め方も様々です。できるだけ自然に妊娠することを目指す医師もいれば、積極的に不妊治療をスッテップアップしていく医師もいます。

病院の不妊治療で妊娠する確率は2~3割です。どの不妊治療にも言えることですが、不妊治療を受けること=妊娠ではなく、不妊治療は「妊娠の可能性を高める為に行なう治療」と言えるでしょう。

妊娠しやすい身体をつくる大切さ

妊娠はできるだけ自然に近い状態で卵子を成長させ、排卵を促すほうが妊娠する確率は高くなると言われています。

鍼灸の施術は身体を整え、ホルモン値を整え、元気な卵子を育てることで妊娠の可能性を高めていきます。

不妊症に対する鍼灸の効果

病院の不妊治療と鍼灸を併用していると、身体の変化が検査結果に表れることがあります。当院では、下記のような検査結果の変化を確認できました。

・卵子の育ちが良くなり、採卵が上手くいった
・AHM(アンチミューラリアンホルモン)値の向上があった
・卵巣茎捻転で排卵できなくなっていた卵巣から排卵が起きた、など

妊娠しやすい環境と身体づくり

原因のはっきりしない不妊症の場合、年齢的要素・生活習慣・慢性疲労・ストレスなどから妊娠しにくくなっている場合があります。

また、病院の不妊治療を続けていて、体調不調になったと感じている方もいらっしゃいます。

生活や食事面を整えたり、身体の状態を良い状態に保つことが妊娠に繋がることもあり、妊娠しやすい環境や身体作りはとても大切だと言えます。

不妊症と言われていても自然妊娠することがある

妊娠は不思議なもので、「あなたは自然妊娠ができる身体ではない」と医師から言われていた方でも自然妊娠することがあります。

その方の持つ身体の力は侮れません。

もし、ご自身が疲労、緊張、コリなどの身体の不調を感じるのならば、身体が良い状態とは言えません。

そのような時に鍼灸の施術を取り入れ、身体の力の向上させ、妊娠の確率を高めていくのも1つの方法です。

妊活が苦しくならないように

排卵は、毎月同じリズムで排卵するわけではなく、妊活はご自身の身体のペースに合わせるのでタイミングを取るだけでも大変です。

病院の通院も、日にちがまちまちで計画が立てにくく、経済的な負担も大きい為、精神的に疲れてくることがあります。

そして、何よりも妊活は結果が伴わない時はがっかりし、それが続くと焦燥してきます。

鍼灸の施術は卵子の育ちを促すだけでなく、身体と心がリラックスしていきます。鍼灸の施術中は不妊治療を忘れて、癒されて下さい。

 

関連ブログはこちら