骨折・打撲・捻挫

■骨折

骨折は医師から「骨はついたよ」と言われた頃から対応しています。

骨がついたと言われても痛い、腫れている、浮腫む、骨折箇所が元のように動かせないといった症状が残ることがあります。

そんな時に「鍼灸クラニオ整体」を受けると痛みの緩和、関節の可動域の改善などが起きます。

 

■打撲

打撲は身体に大きな衝撃が入り、身体に大きな負担が掛かっていることがあります。

酷い打撲だと、座れない、横になれない、関節の動きが回復しないなどの症状が起こります。

そんな時に「鍼灸クラニオ整体」を受けると打撲が早く改善していきます。

 

■捻挫

捻挫はスポーツで痛めた方が、捻挫を受傷した日に施術を受けに来ることがあります。

施術を受けると捻挫の回復が早いです。

捻挫で足首が腫れて、靴が履けない状態で来院した方が、帰りに靴を履いて帰るという改善が起きています。