骨折、打撲、捻挫

骨折による症状を鍼灸で改善する

骨折の場合は、骨がついてから鍼灸の施術が適応になります。骨がついても、痛み・可動域の制限・腫れ・むくみなどがあり、なかなか元のように動かせない時に鍼灸の施術がお役に立ちます。

打撲を鍼灸で改善する

打撲は身体に大きな衝撃(ショック)が入り、想像以上に身体に負担が掛かっています。

酷い打撲の時は、打撲して直ぐに鍼灸の施術を受けるほうが良いでしょう。座れない、横になれない程の痛みが早く改善されていきます。また、関節等の動きも早く回復します。

打撲の痣が消えても、関節の動きが戻ってこないときなど早めに鍼灸を検討して下さい。関節本来の動きがない状態が固定する(商用固定)する前に鍼灸の施術をお試し下さい。

捻挫を鍼灸で改善する

捻挫は、捻挫を受傷した日のうちに鍼灸の施術を受けるのが一番、改善が早いです。

捻挫して足首が腫れ、靴が履けない状態でいらっしゃっても、靴を履いて帰れぐらいに腫れが引きます。

 

関連ブログはこちら