すべり症

ギックリ腰になる原因にすべり症が隠れていることがある

すべり症とは、背中の骨が部分的に分離して滑っていたり、椎間板の変形により骨がずれている状態をいいます。腰痛や足の痛み・シビレなどの症状を起こします。

すべり症は背中や腰を固めて、背骨の不安定さを消している

すべり症は、骨の不安定さを消すためなのか骨周りを固めていて、背中も腰もガチガチになっている事が多いです。膨らみ張っている背中の筋肉を緩め、流れを良くして痛みを緩和させます。

鍼灸の施術で背中や腰の硬さをとり、柔らかさを取り戻す

鍼灸の施術を通して、背中や腰を固めて守らなくても大丈夫だと伝え、背中や腰に本来の柔らかさを取り戻します。

背中と腰が緩むと痛みが緩和し、少しずつ前かがみの姿勢から背中が伸び、歩行が改善されていきます。

関連ブログはこちら