すべり症

すべり症がある背中は、石のように硬く、背中を伸ばすことや歩くことが難しくなっています。

すべり症の方は背中の筋肉が極端に膨らんでいたり、背骨が出っ張たりしています。背骨の動揺をかばう為に背中がどんどん硬くなっていくのかもしれません。

「鍼灸クラニオ整体」では、まず背中や腰の硬さを和らげます。背中を伸びるようにして、立位を保てるようにします。それから、股関節なども整えていき、きちんと歩けるようにします。