すべり症

背中の痛み、腰痛、お尻や足の痛み、シビレ、歩行が困難というお悩みの方。このような症状で「すべり症」と診断されている方がいらっしゃいます。

すべり症は、背中の骨が部分的に分離して動いたり、椎間板の変形により骨がずれている病態です。

お身体を見せてもらうと、背中の筋肉が極端に膨らんでいたり、背骨が階段状に出っ張ったりしています。

背中や腰がとても硬いのは、固めることによって、背骨の不安定感を消しているのかもしれません。

 

「鍼灸クラニオ整体」で背中や腰の硬さを和らげると、背筋を楽に伸ばせるようになり、きちんと立てるようになります。

そして、姿勢の変化に応じるように歩行が改善されていきます。