顎関節症

顎関節症は歯科でも鍼灸でも治療が可能です。歯科は口腔内からのアプローチし、歯や噛み合わせの治療をします。

鍼灸は鍼で顎関節、首肩の状態を整える

顎関節自体に鍼をして関節の状態を整え、顎、首、肩、全身の歪みを整えていきます。

開口困難でも、鍼で口が開くようになっています。

顎関節症に対して、噛み合わせを整えるか、顎関節や首肩を整えるか、どちらが適しているかはご自身で判断することになりますが、首肩こりの自覚がある方は鍼灸をお勧めします。