側弯症

側弯症とは、背骨が横に曲がったり捻じれたりしている状態です。

①機能性側弯症

痛み、姿勢、足の長さの差により、一時的に側弯が起こる症状です。

②構築性側弯

脊椎のねじれを伴った脊柱の側方への弯曲で、もとの正常の状態に戻らなくなった状態です。 多くは原因がわかりません。

当院は、側弯症の方が多く来院されています。側弯症は背中の痛み・腰の痛み・肩の痛み・シビレなどさまざまな症状があります。

①機能性側弯症の場合は、背骨の歪みは原因を解決することで、背骨の歪みは解消します。

②構築性側弯で軟月が経過したものは、背骨の歪みは消えませんが、側弯症によって起こっている数々の症状は緩和することが出来ます。

側弯症の方は、背骨だけでなく骨盤も歪み、足の長さが違っている事が多いです。どのように身体を変化させると症状が楽になるのか、身体を観察しながら変化させていきます。

歪んだ状態で固まってしまった身体が緩みだすと、発汗して身体全身が温まってきます。

関連ブログはこちら