肩の腱板損傷

腱板損傷(MRIで診断)の方が来院されました。

医師から、施術は五十肩と同じで良いと言われ、痛み止めを服用し、注射しながら過ごしていましたが、一向に良くなりません。むしろ、少しずつ悪くなっていると感じているそうです。

痛みが強く、寝返りで何度も目が覚めるので睡眠不足になっているそうです。眠れず、身体の状態がどんどん悪くなっていくので、鍼灸の施術にトライしてみようと思ったそうです。

「とにかく痛い」「痛くて眠れない」、この2つを何とかして欲しいという訴えを承りました。

身体にとって「眠れる」と事はとても大切で、痛みにより眠れなくなると、回復力がどんどん落ちていきます。

でも、大丈夫。鍼灸の施術で肩の痛みを緩和して眠れるようになると、肩の症状はどんどん回復していきます。

最初の施術目標は、「眠れるぐらいに痛みを和らげること」です。眠りをとり戻し、ご自身の回復力を取り戻しましょう。

初回の鍼灸の施術で、肩の痛みが緩和し、動きが良くなりました。「今まで苦しんだ症状が治るかもしれない」という希望で、患者さまの顔は明るくなりました。

数回の鍼灸の施術で患者さまはめきめき回復していきました。