痛みをかばう動きから、全身をうまく使う動きへ

年配の方ほど多いのが、痛みをかばう為に偏った体の使い方をする事です。痛みが強い時に短期間かばう動作をする事は問題ありません。むしろ、かばう動作は必要なことです。

しかし、例えば、左股関節に出る痛みをかばって、立つ時も、起き上がる時も、座っている時も重心を右半身に預けていると、左股関節が改善しても、右側に痛みが起こる事があります。(この方は右ひざ痛を起こしました。)

このようなことを避ける為、左股関節の痛みが緩和してきた時には右片側重心の動きを修正していかなくてはなりません。

簡単なアドバイスとして、布団の上から起き上がる時の動作などはお伝えしていますが、鍼灸院でお伝えした事がそのまま日常生活に生かされる事は少ないでしょう。

患者さんの中で、鍼灸治療と病院のリハビリを併用されている方がいらっしゃいます。これはとても良いと思います。

私からは、私自身が実践している「多くの関節を少しずつ動かす事によって動作をする動作」をお伝えするようにしています。この動作は体に負担にならない動きです。

優しく柔らかく自分自身の体を使う事は、必ず自分を助けます。自分の身体を大切に扱う事、その大切さをもう一度確認し、体に負担にならない動作を身に付けていきましょう。