患者さまの不安

鍼灸院へ来て、まず患者さまから「私の病気は何でしょうか?」「病院にいかなくても良いですよね」と聞かれる事があります。

鍼灸院へ来る患者さまは、慢性的な症状に悩んでいる事が多く、既に病院にかかっている方が殆どです。

それでも、こういった質問が出るのは、「この症状はいつまで続くの?誰かに大丈夫って言われたい。」と言ったお気持ちが隠れているのだと思います。

病気が何であるとか、病院に行かなくていいとは言えませんが、患者さまの辛さを察すると何てお答えしようかと返答に詰まります。

長期的に何かの症状で悩んでいると心配や不安が大きくなりますね。

まずは鍼灸治療を受けて身体と気持ちを和らげてください。鍼灸治療後は、身体が楽になり、気持ちも楽になることが多いです。

鍼灸治療では、自分の症状は楽になるかもしれない、と感じれるぐらいの変化を起こすように努めています。

患者さまの不安はなんなりとお申し付け下さい。聞きたい返答が返ってこないこともあると思いますが、きちんと患者さまの気持ちと症状に向き合っていきたいと思っています。