乳がんの術後・人工乳房

乳がんで片方の乳房を切除すると、乳房は重いので、身体の重心が変わってしまいます。

乳がんの手術後は、片腕がむくんだり、背骨が大きく歪む事があります。また、食欲不振、不眠、膀胱炎などの症状になる方もいらっしゃいます。

手術後の体調不良でお悩みの時に、鍼灸治療をご利用頂いています。

乳がんの術後の方が、鍼灸治療で元気をとり戻し、かねてから興味があった人口乳房(エピテーゼ)を作りに出掛けられました。

人口乳房(エピテーゼ)とは医療用具として体の表面に取り付ける人工物でシリコンでできているそうです。今は、乳房再建という選択肢もありますが、乳房再建のように外科的手術がないエピテーゼは体の負担が少ないという利点があるそうです。

エピテーゼは、色や形・乳房の柔らかさを自分の好みにオーダーでき、さらに体形の変化に合わせて作り変えていくことできます。

切除前に型をとれば、切除前と同じ形の胸をつくることもできます。エピテーゼは本物そっくりに出来上がるそうなので、これを着けてご家族で温泉に行きたいそうです。

身体が元気になると、自分がやりたいことへ向けて行動できます。こんな風に元気を取り戻されるととても嬉しいです。

 

人口乳房について↓

乳がん患者に優しい選択肢・人口乳房
BREAST CARE Kyoto