季節の変わり目に体調不良になる

涼しい日もあれば、昼間は夏のように暑かったり、台風がきたりと気候が不安定ですね。このような時期は夏の疲れを取り、夏から秋、そして冬へ対応できるような体調にしておきましょう。

季節の変わり目に体調不良になる方は、鍼灸治療で体調を整え、季節の変わり目を乗り越えます。

季節の変わり目に鍼灸治療で気血をめぐらせ、体の内側から温め、夏に体にためてしまった「湿」をしっかり排出します。これから寒くなってくるときに「湿」が体に残っていると、「湿」は体に寒さを取り込み、体を傷めます。

最近の急激な気候の変化は、体が対応しにくいです。そんな時は、鍼灸治療で季節の変わり目にうまく順応するように体を整え、元気に季節の変わり目を乗り切りましょう。