坐骨神経痛と鍼灸治療

坐骨神経痛は、お尻の痛み・ももの裏の痛み・足のシビレなど様々な症状が起こります。坐骨神経痛を起こす原因はいろいろで、下記のような診断されている方もいらっしゃいます。

椎間板ヘルニア
腰椎分離症・すべり症症
変形性腰椎症
梨状筋症候群
脊柱管狭窄症
骨折

激痛の方、杖歩行の方、座っていられない方など、さまざまな坐骨神経痛の方に鍼灸治療をしてきました。

坐骨神経痛は、電気治療、服薬、ブロック注射などでは効果を感じず鍼灸院に来られることが多いです。

坐骨神経痛の原因は人それぞれです。痛みの原因を探り、どの様に身体を変化させたら痛みが起きないのかを探りながら施術しています。

杖で歩いていた方が杖なしで歩けるようになったり、痛みで座れなかった方が座れるようになったりと改善することが多い症状です。