坐骨神経痛

坐骨神経痛は、お尻の痛み・ももの裏の痛み・足のシビレなどが起こります。

坐骨神経痛はいろいろな原因で起こり、電気施術、服薬、ブロック注射などでは改善を感じなかった方が鍼灸院に来られることが多いです。

従来の施術では改善が見られず、坐骨神経痛が激痛になる程、悪化してからいらっしゃる方が多いですが、楽な姿勢が見つからない、歩けない、座れないなどの激しい症状になると、鍼灸院に来るだけでも大変です。

鍼灸の施術が気になるな、と思っているならば、お早めにご相談下さい。

激しい痛みが起きている方でも鍼灸の施術を受けるごとに改善していきます。

お尻の筋肉が痩せているか、痩せていないか、足の長さがどれぐらい違うかで改善のスピードは変わりますが、きちんと鍼灸の施術を受けることで、変化・改善し、日常生活が取り戻せる症状です。

関連ブログはこちら