坐骨神経痛

坐骨神経痛は、様々な原因で坐骨神経に沿って痛みが起こっている症状の総称です。原因として、椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性腰椎症、梨状筋症候群、脊柱管狭窄症、骨折、脱臼、腫瘍などが挙げられます。(感染症、腫瘍による神経痛は鍼灸治療の適応外です。骨折、脱臼は治癒後に痛みが残った場合に適応となります。)坐骨神経痛は、臀部の痛み、大腿の裏の痛み、下腿のしびれなど様々な症状が起こります。坐骨神経痛の痛みが激痛の方、杖歩行の方、座っていられない方…などさまざまな坐骨神経痛の方に鍼灸治療をしてきました。

電気治療、服薬、ブロック注射、マッサージなど色々な治療をしても効果が上がらず最後に鍼灸院を選択される方が多いようです。
坐骨神経痛は鍼灸治療の効果が出やすく、きちんと継続して治療を受けることで症状が緩和することが多い症状の一つです。