腕が動かない、腕の麻痺

腕・肩に力が入らない、自分の力で腕が上がらない、といった麻痺の症状が突然起こる事があります。

末梢性神経麻痺(脳の問題でない麻痺)と診断された方は鍼灸の施術が適応になります。

末梢性神経麻痺(脳の問題でない麻痺)で原因がはっきりとしない・首の骨の変形が神経根を圧迫して麻痺が起きている、といった方に施術してきました。

麻痺は、時間が経つと麻痺がある筋肉が痩せてきます(筋萎縮)。筋萎縮が起こる前から施術を受けるほうが変化は早いです。

腕の麻痺は、日常動作で麻痺の変化を観察します。

①コップの持ち手が握れるようになった
②コップの持ち手を握り、コップの底をテーブルから浮かせられるようになった
③コップを持ち、肘を曲げられるようになった
④肘は曲がるがコップを口元まで運べず、口をコップに近づけて飲んでいる
⑤コップを自力で口元まで運べるようになった

このような感じで、徐々に麻痺が変化していきます。

腕が動かない・力が入らないないという麻痺症状は、患者さんをひどく不安にさせますが、施術を重ねることで徐々に腕が動き、力が入るようになっていく症状です。