腕が動かない(末梢性神経麻痺)

腕・肩に力が入らない、自分の力では腕が上がらない…など、腕の麻痺が突然起こる事があります。MRIやCTなどの画像診断により、末梢性神経麻痺と診断された場合は鍼灸治療の適応症状となります。末梢性神経麻痺で原因がはっきりとしない場合や、頸椎の変形が神経根を圧迫して麻痺が起きているが直ぐに手術せず、しばらく様子を見ましょう、といった状態の方などの施術をしてきました。腕が動かない・力が入らないなどの麻痺症状は患者さんをひどく不安にさせますが、治療を重ねているうちに、腕に力が入るようになり麻痺が緩和することが多い症状です。