生理痛

生理痛は、腹痛、腰痛、吐き気、頭痛、イライラ、眠気、貧血、だるい、疲れる、不安感、肌の乾燥、吹き出物、乳房痛など様々な症状が起こります。
生理痛の原因としては、ホルモンによるもの、冷え、子宮筋腫や内膜症などの病気によるもの、子宮口が小さい為、などが挙げられます。鍼灸治療では、痛みの出方で生理痛の症状を分析します。生理痛が冷えると激しい痛みになるもの、乳房や腹に張るような痛みが出るもの、疲労感が強く顔面蒼白になるような痛みのもの、刺痛・固定痛のもの…など痛みで症状を分析し、それぞれに応じた鍼灸治療を行っていきます。

治療後は体が緩み、ポカポカしてくることが多いです。体の状態が整うことで徐々に生理痛が起こりにくい体に変わっていきます。

  • 生理中でも治療は受けることが出来ます。