脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は頸椎や腰椎が作る管(脊柱管)が狭くなることにより、首痛、腰痛、手足のシビレ、足が上がらない…などの様々な症状が出てきます。脊柱管狭窄症でもっとも多いのは腰の脊柱管狭窄症です。

腰の脊柱管狭窄症の特徴的な症状は「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」と言い、少し歩くと脚が痛くなったり、しびれたり、強ばったりして歩くことが困難になりますが、しゃがんだり座ったりして休憩すると症状が緩和する、というものです。

脊柱管狭窄症の初期から中期は保存療法(手術ではない治療)から始まります。脊柱管狭窄症の手術は、重度になり歩行が困難である、尿が漏れる、など深刻な症状が出るようになったときに行われることが多いようです。当院には、足がつる、階段の上り下りが辛い、歩いても足が痛くてすぐに休んでしまう…などの症状を訴える患者さんが来院されています。鍼灸治療を続け、動きが良くなり、運動を開始できるようになった方もいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症は早いうちからの治療が効果的です。腰痛や下肢の気になる症状があるときは早めの治療をお勧めします。きちんと治療することで脊柱管狭窄症の進行を抑え、改善させていきましょう。