脊柱管狭窄症

腰の脊柱管狭窄症は、歩くと足に痛み・シビレ・強ばりが起き、歩くことが困難になります。しゃがんだり座ったりすると症状が緩和するのが特徴です。

脊柱管狭窄症の初期~中期は保存療法(手術をしない治療)から始まります。この時期の治療に鍼灸の施術を選ぶ方がいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症の手術は、歩行困難・尿漏れなど、深刻な症状が出た時に行なわれることが多いようです。

当院には、足がつる・階段の登り降りが辛い・歩いても足が痛くてすぐに休んでしまうなどの症状に鍼灸の施術をしてきました。

鍼灸の施術により、動きが良くなり、運動を再開するほど回復された方もいらっしゃいます。鍼灸の施術で身体を変化させ、脊柱管狭窄症の症状を緩和させましょう。