手の痛み・シビレ・握力低下

握力の低下、手指のシビレ、首肩の痛みは、頚椎症性神経根症や変形性頚椎症などにより起こる症状です。

頚椎症性神経根症や変形性頚椎症の方は、首肩の緊張が高く、頚椎がゆがんでいます。この首肩の状態を整えれば、握力の低下や手のシビレが緩和されていきます。

鍼はこりの浅いところから深いところまで触れることができるので、首肩の状態を素早く改善させます。とくに、体力がある方であれば1回の治療ごとに大きな改善を提供できます。体が虚になっている方は、体を元気にしながら首肩の状態をゆっくりと整えていきます。

治療1回ごとに首肩や体が緩む改善を感じ、治療を重ねるごとに握力が戻り、手の痛みやシビレが改善してきます。

頚椎症性神経根症は比較的、経過が良い症状です。

変形性頚椎症は、首の変形の大きさにより改善の早さが変わります。