手の痛み・シビレ・握力低下

握力の低下・手指のシビレ・首肩の痛みでお悩みの方の来院は多いです。病院からは「頚椎症性神経根症」や「変形性頚椎症」と診断されています。

これらの症状を持つ方は、首肩の緊張が高く、首の骨が歪んでいます。首肩の状態を整えると、握力が戻り、手のシビレが緩和されていきます。

鍼灸の施術は首肩だけでなく、全身を整えていきます。

全身を整えても改善しないコリには、鍼で直接触れることもあります。痛みの原因に近い所は特に注意して優しく触れます。

これらの症状は、施術を重ねるごとに手の痛みやシビレが減り、手に力が入るようになっていきます。

関連ブログはこちら