更年期障害

更年期を迎える女性の体は、不安定になる事が多いです。ホルモンバランスの変化により起こる更年期障害では、多汗、冷え、のぼせ、疲労、不眠、イライラ、肩こり…などの様々な症状が起こります。鍼灸治療は、体の崩れた気血のバランスを整え、血の滞り(瘀血)を取り、腎や肝の機能を高めることにより、更年期障害の諸症状を和らげます。

更年期障害にはお灸がよく効くので必ずお灸をいたします。更年期という体の変調が起きる時期を良い状態で過ごせるよう、鍼灸治療で体を調節しましょう。